「凌霄花」という漢字には「雲や空を凌ぐ花」という意味があるらしい

空へ向かって伸びていく様がその名前になっている。漢字を見ていればなんだか勇壮にも思えるが、凌霄花が実際に咲き乱れる様は繊細というほうがしっくりくる。つるが曲りくねりながら見事に咲き乱れる軒先は本当に美しいものだ。ノウゼンカズラを見かけた。夏がもう近いなぁ、と嬉しい気持ちになった。「凌霄花」という漢字からして趣が感じられる。特に、夏の光の中で、橙色に咲いている光景は、いっそ透明感すら覚えるから味わい深いものだ。「鬼灯」というのは字面だけでワクワクさせられる。「ほおずき」という言葉の響きも、橙色のふっくらとした包み袋が連想される。夏の初めの「ほおずき市」でずらりと鬼灯が並べられているのはもう何ともそそられるもので、この目で一度はこの目で見てみたい風物詩だ。
ワキガクリームランキングの最新情報をこちらでご紹介

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です